*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
ロビン月間~病院編~
MRIの画像をもってその足で病院へ。

脊髄硬膜内髄外腫瘍と言われ
これからどうなっていくんだろうと不安で不安で。
ただロビンが天国に行くことは全く想像してなかった。

だって、担当医は
7月19日。
「この腫瘍を取り除けば、神経圧迫がなくなるので
歩けるようになる」と言った。
大学病院で手術ですか?と聞くと
「いや、私でできます。この手術はやったことありますので}と。

脊髄の硬膜を割って、腫瘍を取り除くなんて
素人の私でも簡単でないことぐらいわかる。

でも辛いロビンが少しでも良くなるのならと
旦那と話し合った結果、手術にふみきった。

7月20日。
手術当日。お昼に開始して2、3時間くらいで終わる。
終わったら電話しますと。

待てど暮らせど電話は来ず、電話は片時も離さず。
夕方、アレンの散歩中にかかってきた。

手術は終わって全て取り除きました。ただ脂肪のようなものが採れました。と
これで圧迫物質は解除したので、これからはリハビリですね。と。

採れたものが脂肪って、かなりの疑問は抱いていた。

7月22日。
離れて寝たことのないロビンと再会したときは
思いっきりギューしたかったけど
あちこちの床擦れで傷だらけのロビンだった。
あまりにもひどい状態ですぐに旦那に電話し
旦那も仕事帰りにロビンのお見舞いに行った。

この時、あまりにも悪条件での入院なので
すぐにでもロビンを連れて帰ろうと思った。
でも、あんな傷だらけのロビンを素人じゃ看護できない。

この入院が一番、辛い時期だった。

「リハビリしてたら脚動きましたよ!」なんて言われ
希望をもった。
(↑後にバカな看護士だと気付く)

7月28日。
ロビン退院。前日にはあった頭の毛がなくなって
ロビンの姿を見た瞬間「えーーっ!?」と旦那と声を上げた。

ともあれ、アレンも大好きなお兄が帰ってきて
久しぶりに4人で寝た。

これから毎日ロビンの足を動かし
リハビリに励んだ。

入院前も痛がる素振りは全くなし。
血液数値も全く問題ないし
ただただ下半身が麻痺してるだけ。
散歩にも行きたがるし、ご飯もモリモリ食べるし。

なかなか、ネットでこの病気を調べても
これからどうなるかは、出てこなかった。


今日はロビンの月命日。
まだ3ヶ月だ。
02.jpg


ぽちっと
お願いします
↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

のり。

Author:のり。
千葉県在住。

☆ロビン☆
2008.12.16生
・誰にでも愛想振りまく
 軟派男。
2016年9月5日 
7歳8カ月20日でお星様に

☆アレン☆
2013.11.18生
・何事にも物怖じしない
 大物になる予感。。。

いくつになったの?
ずーっと一緒
今、何時?
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プライベートメールはコチラへ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる